SAKURA VPS がカーネルパニックを起こした!

CentOSでむやみにupdateをやってはいけない

SAKURA VPSを今まで、慣れているDebianで使っていました

でも
SAKURA VPS が遅くなる件
http://thinkit.x-sys.net/?blog=1001

の問題があって、やはり標準のOSを使ったほうが安全ということでCentOSを使うようにしました

ひと通り、インストールを終えて、しばらく使って問題がなかったので

yum update

をやったのですが、なぜかカーネルまでアップデートされてしまいました

そう、yum のupdate はカーネルのアップデートもやっちゃうんですね

aptではカーネルはアップデートされません

Debianに慣れていたのでついうっかり

そして、見事に運用中のサーバーがカーネルパニック( Kernel panic )を起こしてしまいました

カーネルパニックはあんまり慣れていないもので

慌てまして、SAKURAのサポートに電話しました

だって、今回はSAKURAの標準のインストールで、ほとんど何もしていない状態だったので、他にもこんな目に合っている人があるかと思いまして

まあ、そこで、あっさりわかりませんと突き放され仕方なく...

自力解析...

エラーメッセージはこう

・・・・

md: Waiting for all devices to be available before autodetect
md: If you don't use raid, use raid=noautodetect
md: Autodetecting RAID arrays.
md: Scanned 0 and added 0 devices.
md: autorun ...
md: ... autorun DONE.
RAMDISK: gzip image found at block 0
usb 1-1: New USB device found, idVendor=0627, idProduct=0001
usb 1-1: New USB device strings: Mfr=1, Product=3, SerialNumber=5
usb 1-1: Product: QEMU USB Tablet
usb 1-1: Manufacturer: QEMU 0.12.1
usb 1-1: SerialNumber: 42
usb 1-1: configuration #1 chosen from 1 choice
input: QEMU 0.12.1 QEMU USB Tablet as /devices/pci0000:00/0000:00:01.2/usb1/1-1/
1-1:1.0/input/input4
generic-usb 0003:0627:0001.0001: input,hidraw0: USB HID v0.01 Pointer [QEMU 0.12
.1 QEMU USB Tablet] on usb-0000:00:01.2-1/input0
RAMDISK: incomplete write (15411 != 32768)
write error
VFS: Cannot open root device "UUID=46e6c630-a874-40fe-9a62-ae685f0489c1" or unkn
own-block(0,0)
Please append a correct "root=" boot option; here are the available partitions:
Kernel panic - not syncing: VFS: Unable to mount root fs on unknown-block(0,0)
Pid: 1, comm: swapper Not tainted 2.6.32-220.13.1.el6.x86_64 #1
Call Trace:
[<ffffffff814ec83a>] ? panic+0x78/0x143
[<ffffffff81c203f2>] ? mount_block_root+0x1ea/0x29e
[<ffffffff81002930>] ? trace_kmalloc+0x260/0x930
[<ffffffff81c204fc>] ? mount_root+0x56/0x5a
[<ffffffff81c20670>] ? prepare_namespace+0x170/0x1a9
[<ffffffff81c1f916>] ? kernel_init+0x2e8/0x2fe
[<ffffffff8100c14a>] ? child_rip+0xa/0x20
[<ffffffff81c1f62e>] ? kernel_init+0x0/0x2fe
[<ffffffff8100c140>] ? child_rip+0x0/0x20

 

うん、よく見るとデバイスがオープンできずに、ディスクが読めん!と書いています

うん?UUIDでマウントしとるのか、ふむふむ

と、いうことはとりあえず、GRUBでディスクを指定して手動起動したらよさよげ

原因が予想できたので復帰作業

そこで、以下の手順で復帰

SAKURAのコンソールにログインして再起動

https://secure.sakura.ad.jp/vpscontrol/main/console

リモートコンソールで起動している途中で、Enterキーを押下して、GRUBを起動

c をおしてコマンドラインモードに入る

GRUB> root (hd0,0) [ENTER] 

GRUB> kernel /vml [TAB]

アップデートされる前のカーネルと、アップデート後のカーネルが選択できます、どちらかを選んで

GRUB> kernel /vmlinuz-***** root=LABEL=/

とタイプします

で、一応念のため

GRUB> initrd /initrd[TAB]

で、imgを指定し

GRUB> boot

で再起動

これで再起動できました

その後...

そのあと、再起動してみたのですが

OSが自動修復してくれたみたいで、何事も無く起動するようになりました

なんとか解決しましたが、なぜそうなったかあとで考えると、OSを再起動する時

reboot

ではなくSAKURAのコンパネからやってしまったのが、GRUBのUUIDが壊れた原因ではないかと

勉強になったので、とりあえずメモ

いや、自分サーバーだったので助かりました

サーバーは運用は慎重に(-人-)

 

 

 

 


 

 

« 橋下市長の罠虚構新聞のネタに関する事、本当は笑ってい… »
2012/05/10