役に立つ人間ってなんだ?Facebookの投稿をみて思うこと


Facebookで今日は良いことがありました!
ルンルン♬
なーんて書いている人いるけど
よくよく考えると、いい日というのは主語が抜けてるんだ

まあ、普通は、(自分にとって)いい日と言うこと

おんなじように、いい人と言うのも、実は主語が抜けてるんじゃないかな?

確かに日本語としては、いい人と言うのは、世間的にいい人と言う意味でいいとは思うけど...

例えば坂本龍馬だって日本を変えた偉い人だけど
いい人とは限らない
だって、彼にやられた人とその家族にとっては敵なわけで

そう考えると、やはりいい人というのは、おおよそ相手があってのもの
その人にとって役に立つ人がいい人であることなんじゃないかな?

何がしか人の役に立たないといい人にはなれない?
まあ、そりゃそうだね

僕があまりFacebookで友だち申請しないのは
その人にとって僕が何かしてあげれることはあるのかなぁ
と、ちょっと考えたりするんだよね

はは考えすぎだねぇ

ま、とにかく一方的にその人と人間関係を持つとかそういうことはできないのじゃないかな?
必要としている、必要とされている、そこから

だからなんでもいいから必要とされるようになった方がい

でもそれは、その人のポジションとか人脈とかそういったわかりやすいものではなく

人柄とか、その人が作り出す雰囲気とか

見えないものも含めてね

裏を返すと、人間関係が疎遠になったりするのは役に立っていないわけで、それは相手が悪いわけではなく自分なんだよね

で、僕には何があるかって?

むむぅ...

« カルボナーラの語... iPhoneがスペック... »
2013-09-16 12:20:52