遠い未来を想像しているアニメを考える


2199年 12月8日宇宙戦艦ヤマト地球に帰還


いやーっ、新しいヤマトは面白く無いとか

色々言えるけど

そんな野暮なこと言わずに、まあヤマトはいいですねぇ


まとめて見てたらうるうるきた(笑

なんだろう、子供の時見ていた空気感というか独特の匂いがあていいなぁ


ところでこの作品、てっきり松本零士の作品だと思っていたけど

原作は無いんですよねぇびっくり

著作権はオフィスアカデミーが持っているらしいです


原案は1973年、つまり226年後の世界

宇宙戦艦なんて後300年たってもできそうもないけど実際どうなんでしょ?


ちなみに鉄腕アトムは1951年位構想で2003年誕生なので52年後、意外と近い

鉄腕アトムの記憶容量は1.5テラバイトらしいですね

今にして見りゃ手が届く記憶量量で、そんなんでむりだろ?と思っちゃう


でも当時にしてみれば、1KBとか2KBの世界だったので、手塚治虫の想像力たるは、凄いなあぁと感服する次第です


作家の人にすれば、未来を予測するのは資料集め等大変なことは容易に想像ができます


で、気になった!

SFで近未来じゃなくて遠い未来を描いた作品って何があるんだろ?

遠くを想像すればするほど大変では?


で、調べた!

といっても、数がありすぎるのでとりあえずアニメ系で


すると以下のとおり

タイトル放映開始/原案設定年代差分(年) 
マクロス1982199917
蒼き流星SPTレイズナー1985199619
新世紀エヴァンゲリオン
1995
2015
20
AKIRA
1982
2019
37
攻殻機動隊
1989
2029
40
未来少年コナン
1978
2028
50
プラネテス
1999
2070
71
超時空世紀オーガス
1983
2062
79
ドラえもん
1969
2112
143
FREEDOM
2006
2200
194
機動戦艦ナデシコ1996
2196
200
銀河英雄伝説
1982
2801
819

とまあ、こんな感じ

ガンダムとかは宇宙暦とかいう架空の年代になっていたので比較できず

意外とこのガンダム方式を使っている作品が多いです

実際の西暦を使うのはなんとなくリアリティを要求されそうでハードルが高いとかね、あるかも?(笑


で、表を見ると、年代設定は意外と近い物が多いですね、いわゆる近未来

しかも、お金をかけている作品というかメジャーな作品が近未来を描いていますね



実は、ここには書いていないけど1000年後の世界を書いた物語もあるんですね

風の谷のナウシカです

起点はわかりませんが、1000年後らしいです

これは、未来と言っても別世界の話で、ちょっと違うかな?


別世界になると、そこは妄想の世界、以下にリアリティをもたせるかのセンスになるんですかね



これとは逆に遠い過去の話を書いたものがあります

こちらの年代はかなり古いものが設定されています

創聖のアクエリオンが一万年以上(見たこと無いけど)

巨神ゴーグにいたっては三万年


やはり、未来を想像するより過去を想像したほうが楽なんですかね?

一万年以上未来の話を書いた作品もあるにはあると思うんですけど

ちょっと思いつかない

知っている人!プリーズ(^^)/



« 「風立ちぬ」を見... どうなんだろう?... »
2013-10-05 11:26:22