藤子不二雄Fのみどりの守り神

藤子不二雄Fの作品で一番好きなのは、短編SFシリーズ

SFというのは、サイエンスではなく、少し不思議な話という意味


知らない人は、是非読んでくださいな


で、SFシリーズ、単行本やら、愛蔵版やら、同じ話重複してたくさん出てるんですが、

特にオススメなのが

愛蔵版、みどりの守り神


全26話、実に良い話ばかり、本当におすすめなんですよ


http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4120015572



藤子不二雄Fは、観自在

視点をずらしたり、時間をずらしたり、見方を変える話をこのんで書いています


これらの話、そんな中に作者の人間性がにじみ出てるんですよねぇ


希代の天才とは、こういう人をいうんだろうなぁ

« 不倫はだめなら、... まるで呼吸をする... »
2013-12-30 03:41:20