コカ・コーラ 350mlは角砂糖10個!コカ・コーラは本当にヤバイの?

よくコカ・コーラ 350mlは角砂糖10個、コカ・コーラはヤバイ!
とか言われるけど僕は、これは、キライ!

何が嫌かというと、角砂糖と商品名を入れているから
これは、明らかにマーケティング手法

角砂糖何個というのは非常にわかりやすい反面、空気が含まれるから多少誇張して表現される
具体的で身近な例、コカコーラを出すのもそう

実際に、角砂糖10個を砂糖に直したのが、この写真


これを、350mlの水に溶かしてほしい、是非飲んでもらいたい

僕も試してみた、驚くほど自然な甘さだ
料理の味付けとしては物足りない位

要するに糖質は自然にとっているんだ、
取り過ぎということに対しては異論はない

でも、コカコーラがどうのとか、そういうのは関係ない

コカ・コーラの砂糖より、ケーキとか、ぼたもちとかのほうが糖質は多い

セブンイレブンの黒豆大福は44gの糖質

コカ・コーラやめて、お茶と黒豆大福くったらソッチの方が糖質高い

そう、大事なのは知ることではなく、理解すること

ある人は、知ることを知識、それを身につけることを智慧というといわれた

まさに本質をついている

マーケティング手法に躍らされるのではなく、
ネットで調べて理解した気になるのではなく、
実際に試して理解して、
そして活かすのが智慧だと思う

最近、智慧を持っている人が減ってきている気がする

« 最近の若い人はカレーの写真を見て 「カ…もうとうでもいけど、iPhone6、恐ろ… »
2014/09/16