オレは極度の恐怖症

マンションも、四階以上の部屋には住めない

でも、パラグライダーとか実際やってみたけどはあまり怖くない
矛盾してるようで、実はそうではない

怖さの本質を考えると腑に落ちる

要するに、高さが怖いのではなく
高いところから落ちるかもしれない自分が怖いんだ

高いところで、手を滑らして落ちる
落ちること自体ではなく
手を滑らすかもしれないということが怖い

手を滑らすかもしれない、自分が怖い

パラグライダーは、安全装置がたくさんあり、操作ミスで落ちることはあまりない

逆にマンションは少し身を乗り出すと簡単に落ちる

思うに、二十代の時、酔っ払って手を滑らせて二階のベランダから落ちているのが、深層心理に刻まれているのではなかろうか?

物事は表面だけで捉えると、本質を見誤ることがある

観察力と思考力は鍛えないと老化する
非常に重要なことだと思う

« ネットの情報は、八割は嘘もうアップルウォッチのどこがいいんだかわ… »
2015/03/19